お気に入りに追加

ProcessLogging(ProcLog) 2.08

スポンサードリンク

Windows®のプロセス起動監視を行う為のツールです。

ProcessLogging(ProcLog)
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2011-04-27
対応OS: Windows Vista,Windows 7,Windows XP,Windows 2000
ファイルサイズ: 6.60MB
ソフト作者: k-Zakさん

対応言語

ProcessLogging(ProcLog) 2.08】の開発者説明

Advertisement
本プログラムは、他のプロセス・チェッカ、Windowsタスクマネージャなどでは発見できない。プロセス起動を常時監視することで、既知ではないプログラムが、何時・どのパスに存在し・どの作成元のものが、起動したかを記録します。

※ プロセス起動を常時監視する目的で作られています。
他のプロセス・チェッカ、Windowsタスクマネージャなどでは記録が残らないため発見できません。
起動開始から、収集したものを優先表示する為、異常を引起すファイルが発見し易い。利便性があります。(OSStartTime(SetNow)導入)

本プログラムが導入されてから、一定期間までDBに過去の履歴を保存するため今回起動に関わらず、自身のマシン上でどんなプログラムが動いたかを調べることが出来ます。また、任意に経過日にちを過ぎたログを削除します。
ポーリングによる監視は、閲覧プログラムと、監視プログラムと別れており、双方向に死活監視を行うなど、不要な負荷を極力減らす設計になっています。
監視プログラムからのアラームの鳴動時に閲覧プログラムを起動すれば良い分けです。
また、デフォルトでは Microsoft Office Access(2000以上)を履歴ログ収集に使用しており、基本的に十分機能します。Microsoft SQLServer(2000以上)
「 mssql 」 内のフォルダに収録スクリプトを利用し、データベースの構築も可能です。

尚、本プログラムは、ポーリングという一般にCPUの占有率が起きやすい処理にも関わらず、作者環境 Core Duo CPU 2.66Ghzながら、占有率は2~10%(MAX)を実現しています。

※ 例外として、他のソフトが高負荷によってCPUを占有した場合、上記の保証は致しかねます。

v2.02以降の追加機能:

ProcServer / ProcClient 共に画面メニューの「Option」-「regist Option」では、Windows起動時に
スタートアップ設定が可能です。

ProcServer.ini / ProcClient.ini の[Process] Priority=0 では、プロセス優先度は、普通に設定しています。 Priority=3 では、プロセス優先度は、最速のリアルタイムになります。
V2.08
・ProcClientのアラーム・デグレート 修正

プログラム関連 ProcessLogging(ProcLog)

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com